本文へ

プレーパーク

ヨーロッパから始まった「プレーパーク」という遊び場は、冒険遊び場とも呼ばれ、日本でも全国各地に広がりつつある新しい形の子どもの遊び場です。子どもが好奇心や創造力を発揮できるよう、素材や道工具、自然の素材で「子どもが遊びや遊び場を自分でつくる」遊び場です。工夫の仕方次第で無数の遊びが考えられますが、夢パークでは大きく分けて次のようなことができます。

たき火(月曜日・水曜日・土曜日・日曜日のみ)

夢パークのたき火は子どものたき火。子どもがたき火を日常的に体験することができ、火の危険性や楽しみを使いながら覚えていくことができます。
 着火材や炭は使わないので、なかなかうまくいかず夢中になってしまうのも遊びの醍醐味です。
 新聞紙とマッチでたき火に挑戦してみませんか。

写真。たき火をする子どもたち。   写真。火に手をかざす女の子。

水遊び

水は、年齢を超えてそれぞれの子どもの成長に合った遊びを提供してくれる最高の遊び素材のひとつです。土遊びと合わせて、様々な遊びをすることができます。子どもだけでなく、大人の方も着替えを持ってくることをお勧めします。子どもの遊び心に共鳴してみませんか。

写真。ホースから水を出す子ども。   写真。水しぶきをあげてウォータースライダーをすべる子ども。