本文へ

おはなしおはなしパーク

おはなしおはなしパークって?

 乳幼児親子対象のボランティアさんによる絵本の読み聞かせです。
  月3回開催。どなたでも参加自由です。予約は、いりません。

  • 荒木さんの読み聞かせ…第1木曜日
  • 中川さん・小野さんの読み聞かせ…第2火曜日
  • おはなしブックカフェさくら…第3木曜日
  • 時間:午前11時から
  • 場所:1階ゆるり他

  ※変更する可能性もあります。詳しくは、カレンダーをご覧ください。

  

 (写真)荒木さんの読み聞かせ (写真)おはなしブックカフェさくら

はじまりは…

夢パークのオープン当初から、色んな大人が来られる場所にしたい、子どもたちにとっても地域の方たちと関われる場になってほしい、という思いがあり、ボランティアさんによる読み聞かせの会が始まりました。
 小学生向けの読み聞かせもやっていましたが、手遊びなども交えた乳幼児向けの読み聞かせのほうが人が集まりやすいということで、今ではすっかり平日の午前中、乳幼児親子のお部屋「ゆるり」での開催が定着しました。

こんな感じでやっています。

いつも子どもたちが楽しみにしている「おはなしおはなしパーク」。つみき遊びに夢中になっていたのに、つい話に引き込まれ、だんだん前のめりになりながら近づいてくる子や、実は興味津々なのに、お母さんのそばを離れられずにいる子などいろいろな姿が見られます。その、モジモジしている姿も、真剣なまなざしもとてもかわいいです。
 そのかたわらには、外で遊ぶちょっと大きな子たちの楽しそうな声を聞きながら、わが子の水遊び・泥遊びデビューに思いをはせるお母さんの姿もあります。

 よく参加しているお母さんから「お友達を誘ういい機会になっている」という声もあり、夢パークに始めて来るきっかけにもなっているようです。
 また、絵本に詳しいボランティアさんたちにおすすめの絵本を聞いたり、そのまま一緒に遊んだりと、みんなの交流の場にもなっています。

 いろんな出会いがある「おはなしおはなしパーク」に、ぜひ一度遊びに来てください!