運営委員会

設置の目的

川崎市子どもの権利に関する条例第33条及び川崎市子ども夢パーク条例第4条に基づき、川崎市子ども夢パークの運営に子どもの意見を反映させるとともに、子どもの参加を図りながら、夢パークの運営に関する基本的な事項を協議するために設置することを目的とする。

運営員会の委員構成

運営委員会は、子どもの意見を引き出しやすい環境を整え、その意見を夢パークの運営に反映させることが必要であることから、委員の概ね半数以上を(1)に掲げる子ども委員により構成するよう配慮する。(2)に掲げる夢パークの関係諸機関の委員は運営委員会に出席し、子どもと共に夢パークの運営に関する基本的な事項を協議する。指定管理者は、必ず運営委員会に出席し、その運営及び事業実施にあたり子どもの意見が十分反映できるようにする。また、指定管理者が2団体以上で構成される場合は、各団体から委員を選出し運営委員会に出席すること。
(1)子ども委員
夢パーク子ども運営委員会、川崎市子ども会議のメンバー、その他夢パークを利用する子ども
(2)夢パークの関係諸機関
川崎市子ども夢パーク支援委員会、高津区役所子ども総合支援担当、教育委員会生涯学習推進課関係職員、夢パーク運営職員、指定管理者